光の生命情報を活用した商品

卍ライト

表示価格は送料、消費税別

卍ライトは元数盤(げんすうばん)という大宇宙(霊界)を数で表した数の盤(ばん)があります。それを改良強化しエネルギーを取り出し、更に10次元の8の由来の数と9の由来の数により立体的にエネルギーを多重化した道具です。2012年において、北海道山辺町の大地や、汚れた邪気の空間や一部を浄化する為に活躍した優れものであります。(音声指示で使います)

  ライト部分    
  直径 6cm 長さ 16.5cm 重さ 62g 会員価格200,000円
  ※電池はなくなりましたら、情報が入っておりますので、当方にお求め下さい。お値段はお問い合わせ下さい。

 

ご注文ページへ

体験した方々のご感想その他のご感想など

山部町の浄化を一人でやって欲しいと、2012年の秋のある日、天界よりMさんを通して指示があった。どこの場所の浄化をやるのかと尋ねると、「行けばわかるから」と言う。なぜ一人でやるべきかは分からないが、卍ライト(マンジライト)=(元数盤ライト)ゲンスウバンライト)を車に積み、一路当社より4時間向こうの山村地帯の山部町へ向かう。

道中の通りすがりに古いお寺、駅近くの市街地から山脈に連なる空の空間に、ひどい邪気の巨大集団が浮かんでいた。
「これだ!」と思い、卍ライトを取り出し、車を止めたり、速度を弱めたりして浄化に励んだ。

すると、天空が清らかなエネルギーとなり、邪気の集団は消滅していた。夕闇が深まり、夜となるので、駅近くの山部の大本北海本苑の道場で夕拝を済ませた。大元道場のある場所に隠遁したエネルギー体が潜伏した箇所がわかると、Mさんに言われていたが、その時はエネルギー体はいなかった。

国祖(夫神)のエネルギー体が山部のある場所に隠遁し、妻神は喜界島に隠遁した。その場所をエネルギーの高い人は良いが、低すぎる人間が触れると、死を招くこともあるから囲ってほしいとの降臨情報を出口ナオ(大元開祖)を通して、天界から下ろしたと言う。

教団を作れと言うことでなかたと霊覚者のMさんは最近私に伝えくれた。

世俗的になり、一般の教団と変わらないと天界は嘆かれていが、しかし大元の組織は命をかけてある時代を乗り越え、冒頭に記したような―定の役割を演じたわけだと思いながら、車を帰路へと向かわせた。

ともあれ、なんとも素晴らしい卍ライトと言う道具の働きであった。

このライトは、これから未来に向かって、浄化する役割をになって、世界で活躍するかも知れないな―と思われた。

佐久間和生